歯科の種類と保険適用の有無

歯医者というとどこもそれほど違わないと考えてしまいがちですが、歯の治療にも専門性があります。

一般歯科では虫歯や歯周病などの歯や歯肉の病気の治療を行うのを最も得意としますが、歯列矯正のように歯並びのこととなれば矯正歯科、ホワイトニングやインプラントのように美容を求めるには審美歯科が専門となる診療科になります。小児治療も永久歯ではなく乳歯に対するより専門的な知識が必要となることから独立した診療科となっていることが多く、小さい子供の歯の治療や矯正などが必要になった場合には気をつけなければならない点です。

このように様々な診療科があることから目的に応じた専門のクリニックを探して通うということが目的を達成する上で重要になります。一方、歯の治療の場合には保険適用であるか保険適用でないかということが大きな問題となることがあります。基本的な考えとして保険適用でできる治療は必要最低限のことであり、少しでも美しさを求めたり機能性を求めたり、あるいは予防を考えたりすると治療が保険適用外になることが多いのです。

保険適用される治療については詳しい決まりがあるのでどの歯医者が行ってもそれほど大きな違いはありません。しかし、保険適用外となるとここの歯医者によって治療実施の判断基準も実際の手技も技術も異なるため、よい歯医者を選ぶということの重要性が著しく高まります。特に美容を求める審美歯科では保険適用外になりやすいので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *