重大な歯科疾患についての認識の大切さ

歯の疾患として通常最初に思い浮かぶのは虫歯です。

しかし、自覚症状として痛み等が生じてから歯科に通い始め、数回の治療で痛みもなくなって機能する歯を手に入れられるのが虫歯治療です。虫歯になると痛みのために苦しい器官こそあるものの、わずかな間に治すことができるという点が特徴となっています。一方で、虫歯に比べるとあまり認識されていないものの、いざ自覚症状が現れた際には治療が大変になる疾患としてあげられるのが歯周病です。虫歯と同様にして徐々に進行しますが、初期症状として歯肉からの出血や炎症による痛みといったものが現れます。

虫歯とは違って歯肉を削って詰め物をするというわけにはいかないので歯科に通って歯周病菌の巣窟となっている歯石やバイオフィルムの除去を行いながら歯磨きを丹念に行って歯周病菌の数を減らし、自己治癒力によって回復を待たねばならないのが歯周病の治療です。治療に時間がかかることに加えて、放置すると状況は悪化の一方をたどることになります。

歯周病菌は歯肉だけではなく歯を支える骨にも影響を与えるため、だんだんと歯がぐらつくようになり、最終的には歯が抜け落ちてしまうことになります。骨に影響が出てしまうと自然治癒を期待できず、骨形成を行ったり、最悪の場合には抜歯が必要になります。しかし、日々の歯磨きを適切に行うことによって予防が可能であり、こういった重大な歯科疾患についての認識を高めて予防に努めることが健康な生活を行っていくためには不可欠です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *