歯科医師の目指すことと歯周病への認識拡大の必要

歯科のクリニックが繁盛して利益を上げていくためには患者が増えて訪れる人が増えてくれなければなりません。

そういった考え方を持ってしまうと考えがちなのが、歯医者にとって歯の不健康を推進することが儲けるために必要なことと考えてしまいがちです。しかし、歯科医師として国民の歯の健康のために日々邁進しなければならないのが義務であり、自ら自分の首を絞めるようにして適切な治療と指示とを行っているのが医師とも言えます。しかし、どれだけ治療を行っても患者がいる状況が現代社会であり、それだけ歯の病気についての知識や予防方法についての理解が進んでいないという事情があります。

治療が手に負えなくならないように国民を啓蒙しなければならないのも事実として認識せざるを得ない状況があるのは確かなのです。その中でも注目を浴びている分野が歯周病の予防と治療です。虫歯に比べると知名度が低いものの、ようやく世の中に知られるようになってきたのが歯周病ですが、既に国民の多くが歯周病菌に感染していて、その発症の予防をしなければならない状況に立たされていることはまだ認識が浅い事実です。

初期の自覚症状がないにもかかわらず、最終的には歯が抜けてしまうほどの重大な病気なのが歯周病です。しかし、日々の歯磨きで概ね予防可能であり、定期的に歯科クリーニングを受ければ万全の体制で予防できます。そのことを広く認識してもらうことが歯科としての大きな課題となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *