歯科治療の種類とその特徴

ひとつの街に一軒程度だった歯科医院も、現在では人口が増えるとともにその数も増し、はるばる遠方まで混雑した歯医者に足を運ぶといった苦労もなくなりました。

現代の歯科治療は、単純に虫歯を治す、予防するという役割だけではなく、美容の分野から整体まで幅広く対応するようになり、治療や施術も非常に多彩です。まずは誰もがお世話になるであろう、一般歯科、予防歯科です。虫歯菌や歯周病菌におかされた歯を治療したり、歯垢や歯石の除去をして予防します。医院によっては、噛み合わせ診断やブラッシング指導にも対応しています。医院に特に明記がない場合もありますが、小児科もおなじみの部類ではあります。

子どもさんの歯を虫歯から守るためにブラッシング指導やフッ素化合物によるコーティング、歯列矯正などを行います(医院に「矯正」が明記されていなければ対応していない可能性もあります)。歯の美容回復として、審美歯科やホワイトニングという部門があります。特殊な設備やシステムを用いることにより、歯に白さを取り戻す治療を施します。

院内のみで行うオフィスホワイトニング、自宅でじっくり漂白するホームホワイトニング、またその両方など医院によって使うシステムも採用している方法もさまざまです。顎関節症治療に関しては、文字通り顎の関節を治療するだけでなく、噛み合わせを補正するだけで頭痛や肩凝りや首の痛みが取れるといった整体的な要素も含んでいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *