歯科で親知らずを抜いてもらう時期

親知らずの抜歯は痛い、という先入観が定着しています。

親知らずは一番多いケースだと、上下左右合わせて4本あります。一度に抜くのは負担がかかるので、上と下は別々に抜くのが普通です。「下の親知らずを抜いたときには麻酔がよく効いたのに、上の親知らずのときは痛かった」という話もよく聞きますが、これはそのときの条件によって麻酔の効き具合が異なるからです。すでに痛みが出ていたり、炎症が起きている場合には、麻酔が効きにくいことが多いです。腫れものに触るように治療するため、麻酔針の痛みも通常の何倍も大きく感じてしまいます。

歯科でいつ親知らずを抜いてもらえば良いかということですが、これは人によって異なります。人によっては、もとから1本も親知らずが埋まっていない人もいます。下だけ、上だけ、上下のどちらにもある、と人によって違います。また、生え方も人によって異なります。顎が大きくて親知らずが生える十分なスペースがあり、虫歯などのトラブルなくまっすぐに生えてきているならば、抜歯はしなくても良いです。

斜めに生えている場合には、親知らずそのものが虫歯になりやすく、歯茎に炎症を起こしやすいので抜いたほうが良い可能性が高いです。水平埋伏という横向きに寝ている親知らずは、複雑な歯科治療が必要になります。ただし、親知らずのすぐ横に神経がある場合には難抜歯になりやすく、一般歯科では対応できないケースもあります。この場合には口腔外科で抜歯してもらう必要があります。
渋谷の歯科のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *