歯科で抜歯を受けた後の注意点

通常の抜歯であれば、麻酔が切れたときには痛みが出ますが、その後だんだんと痛みが弱くなっていきます。

しかし、その痛みとは別に、2~3日してから次第に強くなっていく痛みがあります。通常、抜歯後の傷は血液がゼリー状になった血餅(けっぺい)というもので塞がれます。しかし、何度もうがいをしたり、血餅が十分に形成されずに脱落してしまうと、骨が直接口腔内に露出してしまうことがあります。唾液に直接骨が晒されると、炎症を起こしてしまう場合もあります。この痛みは通常2~3週間ほど続きます。歯科用語では、ドライソケットという症状名で呼ばれています。

この治療をするためには、もう一度歯科に行って麻酔をして、骨を削ってわざと出血させて血餅を作ります。ただし、この処置は誰もが嫌がりますし、結果も思わしくないことが多いです。なので、抗生物質の入った軟膏を直接注入したほうが良い場合もあります。歯科で抜歯を受けたら、患部に刺激を与えないように注意しましょう。

特に、親知らずはほとんどの場合抜歯が必要になる歯です。親知らずは斜めや横向きに生えることが多いです。まっすぐに生えることはほとんどありません。そのため、親知らずそのものだけではなく、他の歯を圧迫するなどのトラブルのもとになりやすいです。親知らずの抜歯を受けて2~3日は、水分補給はしっかり行うようにして、患部に刺激が少ない柔らかいものを慎重に食べるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *