初期の虫歯ならば歯科でレジン充填をしてもらおう

虫歯や外傷によって、歯の一部に穴が開いたりかけてしまった部分がある場合、歯科ではそこを修復する充填(じゅうてん)という処置を行います。

充填をすることで、噛む、話す、審美性、などの機能を回復すると同時に、虫歯や歯周病が広がるのを防ぐことができます。レジン充填と言われるのが一般的な処置で、レジン(樹脂)にフィラー(充填剤)を混合して強度を高めた「コンポジットレジン」というプラスチックのような素材のものを充填します。歯科治療用の特殊な接着剤を使い、欠損部分以外の健全な歯をなるべく削らないで保存することが可能です。

前歯から奥歯まで、小さな時期の虫歯ならばほとんどこのレジン充填だけで治せます。色は歯の色に近いので、審美性も損なわれにくいです。金属の部分をレジンに置き換えると、金属アレルギーの予防や改善効果も期待できます。きれい、簡単、安い、という三拍子揃った治療法です。完璧なように見えるレジン充填ですが、欠点もあります。

レジン充填をすると一時的にきれいに治りますが、5年以上経つと磨耗や変色、などの問題が出てきます。歯科医師会の発表では問題はないとされていますが、充填直後に唾液に微量の環境ホルモンが溶け出しているというデータもあります。ただし、これは充填直後にうがいをすれば洗い流すことが可能です。これ以上安全で実用的な素材はないと言われていますし、初期の虫歯治療への高い効果によって、レジン充填は初期の虫歯の第一候補にされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *