小児歯科についてのいろいろ

小児歯科とは、赤ちゃんから小学低学年までの歯を診る歯科専門医です。

歯科医の免許を持っているからだれでもなれるものではなく、一定単位の研修と実務を行って初めて専門医として資格を得ることができます。ほとんどの歯科医院ではこの小児歯科の看板を掲げています。小児は大人と違って騒いだり、泣いたりして、診察にまごつくことがあります。そのため小児は、大人の診療点数(レセプト)よりも高いです。歯の生えかわりを主に診ますので、乳歯の治療に加えて、どの時点で乳歯を抜歯していいのかの判断も下します。

乳歯が抜けきらないでいると永久歯の歯並びに影響しますので、歯並びを考えた場合、小児歯科医の判断が大きく影響します。また子供特有の口腔内疾患もありますので、それらを治療するのも小児歯科医がおこないます。予防歯科や口腔外科といった研究分野がかなり進展していきながら、子供の口の中の病気や歯の研究も大きく進んでいます。子どもから大人まで生活習慣病があるように、子供でも歯周病を患う確率が高くなってきています。

食生活が大きな要因になっています。ですから歯周病を専門にする歯科医は子供の歯まで診ることも多くなってきているのが現状です。子供のうちからむし歯や口腔内疾患を完治させておかないと、大人になってから歯並びや歯周病、悪性疾患になりやすいです。そのためには大人がしっかり子供の歯をチェックする習慣や定期的な歯科検診をすすめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *