歯周病治療の基本的な治療法

歯周病は歯の周りの骨が溶けてしまう病気で、進行すると歯が抜けてしまうことがある病気です。

日ごろからの歯磨きなどで予防することが必要ですが、歯周病なってしまった場合は歯周病治療が必要になります。最も重要なのは歯の磨き方を勉強し歯垢をつけないようにすることです。歯周病の原因の歯垢は毎日口の中で発生するため、毎日取り除けなければ歯周病は治りません。歯垢が無くなると歯茎の腫れや口臭も改善されます。次に歯垢と唾液によってできた歯石を取り除きます。

歯石には小さな穴が開いていて、その中で細菌が繁殖しています。歯石の中の細菌は歯磨きでは取れないので歯石ごと取り除きます。歯石は主に超音波によって砕いて取りますが、取り除くことによって歯がツルツルになり歯垢が付きにくい歯になります。次に歯茎にできた歯石を取り除きます。歯茎の歯石は、血液を含んでいて歯茎の中で黒く固くこびり付いているので、超音波振動でとります。これによって歯茎が引き締まり歯周ポケットに歯垢が付きにくくなります。また重度の歯周病治療には、歯周外科治療が必要になります。

5mm以上の歯周ポケットができている場合には、歯茎の入り口から歯石を取ることができないので、麻酔をしてから歯茎を切開して歯石を取るフラップ手術をします。また歯の周りの骨が極端に減っている場合には、溶けてしまった骨を再生させる歯周組織再生療法をフラップ手術と同時にします。骨を再生させることによって歯周ポケットが無くなり、歯垢がたまりにくくなります。このように歯周病治療を行うことで歯周病を治すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *