歯周病治療をするには検査を

歯周病治療をする時には検査が必要になります。

それは歯周ポケット検査をして深さと出血があるかを確認します。歯周ポケットは自分では測ることはできないので、歯科に行き歯科衛生士の人にポケットの深さを器具で測ってもらいます。それをするのは歯周病検査の時にするもので、ブラッシング方法を変えたり、歯石を取ったことにより、どのくらい改善しているかとか、検診時にポケットが深くなっていないかなどを見るものです。

その時に歯周ポケットから出血がある場合には歯周病が今も進んでいることで、歯周病治療の目安とすることになります。出血がない場合は進行はしていなくて安定している状態だといえます。また、歯周病治療を始めるときの検査の中に歯の揺れを測る動揺度検査があります。その周りの骨が溶けてくると、支えている部分が少なくなることで揺れて動きます。初期の揺れであれば歯周病治療によって止まってくるのですが、歯周病が重くなってきていると、治療をしても止まらないこともあります。

そしてレントゲンで歯茎の中で骨がどのくらい溶けているのか確認をします。自分でどの程度のプラークコントロールができているかなども見ます。自分だけでは歯周病の進行を止めるような歯磨きができない場合が多いのでプロに教えてもらいます。プラークを顕微鏡でみることで、ある程度の種類や、その菌の活動状態を確認することができます。その歯周病菌の活動場所を無くしてしまい、必要となった場合には薬で菌を殺菌する場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *